【おうどん】ふらっと香川へ四国最北端ツーリング

カレンダーを眺めていると明後日、2021年2月23日(火)はなんと祝日(天皇陛下のお誕生日)ではありませんか。

お祝いするためにツーリングするしかない!

そう思い立ちふらっと香川へと旅経つことにしました。

はじめに

さて、とりあえず行きたいところはこんな感じです。

  • 瀬戸大橋・与島PA(よしまパーキングエリア)
  • 五色台スカイライン(ごしきだいスカイライン)
  • 竹居観音岬(たけいかんのんみさき)
  • うどん屋さん

余裕を持ったスケジュールで動きたかったので目的地は少なめにしておきます。

なお、丁度Twitterのフォロワーさんと都合が合ったのでご一緒させていただきます。

瀬戸大橋

朝9時に水島IC付近のコンビニに集合し、瀬戸中央道に乗ります。

当日の天気は晴れ間も見えるものの雲に覆われ気味ですが、悪くはありません。

気温はここ数日からいうと低めです。高速に乗るとやや肌寒い気候ですが気にならない程度。

当日は風速7mだったようです。突発的な風はなく横に流されずに走れます。

瀬戸大橋

実は岡山に引っ越してから初の県外ツーリングになります。つまり、バイクで瀬戸大橋を渡るのも初めてです。

おお、やっぱり橋の上はステキですね✨

見渡す限り遠くまで続く巨大建造物に感心します。建設は途方もない苦労があったことは想像に難くありません。

与島PA

与島PA(よしまパーキングエリア)は、岡山と香川の中間地点にある島です。

与島パーキングエリア

通り過ぎてしまう方も多いようですが、島内の施設には展望台があり、瀬戸大橋とともに絶景とも呼べる景色を楽しむことができます。

ご観光の際には是非ともお立ち寄りされることをおススメいたします!

景色を堪能しながら走ることいると20分ほど、すぐに第一目的地の与島PAに到着。瀬戸大橋から島へ降ります。

ちなみに与島PAからUターンして折り返すこともできます。

もしかして与島でUターンすれば、1区間分の料金で瀬戸大橋楽しめる!?

ダメです。
与島PAには料金所ゲートがあるので通過が記録されるので、Uターンしても与島までの料金が発生します。

展望台

第1駐車場に隣接する与島プラザの屋上には展望台があるので登ってみます。

与島パーキングエリア展望台入口

瀬戸大橋を含め遠くまで見通せるのでぜひ行ってみてください。パノラマ写真を撮影するには最適なロケーションです。爽快な風景を楽しむことができます。

与島パーキングエリアから眺める瀬戸大橋

展示物

展望台から巨大照明のような謎の物体が見えるので、近づいてみました。

瀬戸大橋のケーブル模型

説明文を読むとどうやらこの物体は橋の支柱の間にかかるアーチ状の実物大ケーブルだそうです。膨大な重量を支えているだけあってものすごく太いです。

瀬戸大橋のケーブルの説明文
(クリックで拡大できます)

直径は1mだそうで、私の頭の上端から腰の下端くらいまであります。

五色台スカイライン

瀬戸大橋の次は五色台スカイライン(ごしきだいスカイライン)へ向かいます。

ちなみに五色台とは、五色の色の名を持つ峰々を含む溶岩台地です。

  • 黒峰
  • 紅峰

坂出北ICを降りると五色台スカイラインに向かう香川県道186号線(さぬき浜街道)に直通していますので、そのまま東にバイクを走らせます。

五色台スカイライン周辺地図

五色台につづく道

西からだと県道180号線(鴨川五色台線)の尾根道を楽しみながら五色台スカイラインに抜けていくのが良いかと思います。

ナビを使うのでしたら、経由地に「高家神社」を設定しておくとよいでしょう。

鴨川五色台線

気持ちいい道だから五色台スカイラインの入り口見逃さないようにね!←行き過ぎた人

途中で五色台スカイラインの方向を知らせる青看板があるので県道281号に向け左折しましょう。

五色台スカイライン入口

ロードバイクを楽しむ方も多いのでブラインドカーブは要注意です!

大崎展望台

正確な名前はよくわかりませんが大崎展望台あるいは大崎鼻展望台は、五色台スカイラインのほぼ北端にある展望台です。(!大崎山展望台ではありません)

瀬戸内海歴史民俗資料館を少し過ぎたあたりにあります。

大崎鼻展望台(もしくは大崎展望台)

うっすらと霞がかっていてよく見えませんが、遠くに見えるのは直島や女木島、男木島でしょうか。空の状況がいいと青々とした海が見えるようです。

大崎ノ鼻

五色台スカイラインのラストは北端にある大崎ノ鼻です。五色台スカイラインの山の中を抜け、坂道を下ると急に見えてくる岬は何とも言えないくらい爽快な気分になれます。

大崎ノ鼻

竹居観音岬

大崎鼻からは香川県の北側をなぞり、竹居観音岬(たけいかんのんみさき)へ向かいます。

竹居観音岬は、四国本土最北端にあると言われている庵治町(あじちょう)にある岬です。

入口は微妙にわかりにくいですが、この赤看板が目印です。

竹居観音岬の入り口

もの凄い勢いの急こう配の下り坂なので注意です。

下った先に見える青い海がまるでリゾート地を思わせるかのようです。

竹居観音岬の海岸

南国か!?

また、すぐそばには竹居観音寺が隣接しており、岩屋(崖にあいている穴)へと続く崖沿いの道がとっても霊験あらたかな雰囲気で身が引き締まります。

竹居観音寺1

最後に四国最北端たる証の碑と記念撮影します!

竹居観音岬の石碑

四国本土最北端を制覇!

うどん屋さん

さて、観光は済ませましたし、おうどんを食べに…。

と、出発前に目を付けていたお店に行こうとしたところ…。

同行して下さった方曰く

もうすぐ営業時間が終了だって!

この時点で13:00。

お店の閉店は13:30。

しかし、お店まで1時間ほどかかるので…間に合いません。

同行者の方には「事前に営業日は調べてあります。臨時休業でもないです!」とドヤ顔で言ったのに営業時間まで見てませんでした。

香川のうどん屋さんって閉まるの早いんですね。てっきり夜まで営業するものだと思い込んでいました。

てことで、ツーリングマップルを広げて別のお店を探し、間に合いそうなお店を探すことにしました。

関連記事

ここまでのあらすじ 岡山から五色台スカイライン、四国最北端の香川県庵治町にある竹居観音岬を訪れたのち、とあるうどん屋さんに行くつもりでした。 [sitecard url="https://zenmou.net/touring/[…]

最新情報をチェックしよう!