草津温泉キャンプツーリング・その1

初心者ライダーのためか、クラッチの握りすぎでどうにも左手首が痛い。これは、温泉につかって治すしかない!

ということで、10/6(土)~10/7(日)に、群馬の草津温泉へ湯治しに行きました。今日は初キャンプツーリングについて書きます(´・ω・`)

※後日、動画をYoutubeにアップロードします。

※追記:動画が完成しました!

30代初心者ライダーzen(´・ω・`) #7 草津キャンプツーリング・その1【Ninja250/2018】

ルート

東京・中野区から群馬・草津町までは、関越自動車道を使って行く人が多いかとは思いますが、休日午前中の下りは激しく渋滞します。そのため、早朝に出発しなければなりませんが、そうすると今度は逆に早く着きすぎてしまうため、一般道を利用して草津へ向かいます。

ルートの確認は、おなじみのツーリングマップルを使用しました。

東京都・中野区

|都道317号(環状六号線・山手通り)

東京都・板橋区

|国道17号(中山道)

埼玉県・大宮区

|〃

群馬県・高崎市

|国道406号(草津街道)

|県道54号(二度上峠)

群馬県・北軽井沢

|国道146号

群馬県・大津

|国道292(草津道路)

群馬県・草津 → 草津高原オートキャンプ場

実際に走ったルートです。

使用したアプリ:Ryotei

出発

急に思い立ったため最低限のキャンプ道具を揃えました。

  • テント
  • シュラフ(寝袋)
  • マット
  • 折り畳みイス

すべてNinja250のタンデムシートに積むにはスペースが足りないため、Ninja用のリアキャリアを購入しました。

「さーて、取り付けるか…」

「…キャリアのネジ穴の位置全然あわない!」

そうです、旧型Ninja250のキャリアを買ってしまったのです。2万円のキャリアが鉄くずと化した瞬間でした。

仕方がないので、リュックサックにテント、シュラフ、折り畳みイスを詰め込みます。

マットは入らないので、タンデムシートに括りつけました。

都道317号(中央環状線・山手通り)~国道17号(中山道)

撮影がうまくできておらず、画像はありません。が、ごく普通の市街地ですので特に必要なかったと思います。信号機も多くあまり面白みのない道でした。

特にそれらしいバイクも見かけなかったので、やはりあまり選ばれない道のようです。

群馬県・高崎市が近くなるにつれ、徐々に群馬の山岳が見え始めます。その時ようやくキャンプツーリングをしにきたのだという実感がわき始めました。

途中で休憩をしようと思ったのですが、良いタイミングで左車線にコンビニがなくおよそ3時間半、100km強ほど走り続けて往路の半分を終えました。

国道406号(草津街道)

草津方面につながる道です。片側一車線で、ドラッグストア、スーパーマーケットなどがあり現地の主要生活道路に近い印象を受けました。

バイクはまだ少なかったのですが、コンビニの駐車場にバイクが止まっていたのでじっと見つめていたら、ヤエーされたので全力で返しました!

民家やお店も多く風景の見通しは良くありません。交通量は多くなくひたすら直線の道路でした。ほどなく進むと見え始めていた山岳がより大きく見えてきます。

そのまま進んでいくとそのまま草津に続いていくのですが、道幅が狭く急こう配が多そうなので二度上峠(にどあげとうげ)へ向かいます。

群馬県道54号(二度上峠)

草津街道から二股に分岐する道を左に曲がります。すると県道54号線に入り、二度上峠を経由し北軽井沢へとつながります。

二度上峠は、片側1車線で峠にしては比較的道幅が広いです。さほど急カーブもなくまったりと走ることができます。ただし、一部の路面は湿っており、またアスファルトが荒れ気味の箇所があるので注意が必要です。

長野原町との境界で浅間山と広々とした平地を望むことができます。

国道146号(北軽井沢)~国道292号(草津道路)

二度上峠を下ると北軽井沢交差点に突き当たります。まだキャンプ場のチェックイン時間には余裕があるので寄り道します。交差点を左折して草津と逆方向へ進み、「浅間牧場茶屋」によりました。

搾りたての牛乳があるとのことなので飲んでみます。こちらの牛乳をジョッキ(大)で飲みました。やや濃いめの美味しい牛乳でしたよ。

飲み終わったら、国道146号を北上し、国道292号を経由し、草津へ向かいます。国道292号沿いには草津高原オートキャンプ場があるはずなのですが、特に案内看板があるわけではないようで通り過ぎてしまいました。メロディーラインが終わったあとの最初の横断歩道が入口です。(道の駅「草津運動茶屋公園」まで行くと行き過ぎです)

↓右へ入るはずだった道

草津高原オートキャンプ場

その後も道がわかりにくく、恐る恐る進みながら何とか草津高原オートキャンプ場に着きました。

↓キャンプ場の受付

一泊二日で受付をすまし、入場料1,000円+バイク500円=1,500円を支払い入場します。10月初旬とキャンプシーズンから外れているとはいえ、それなりに埋まっていました。

草津高原オートキャンプ場を訪れる方は、あらかじめ予約しておくことをおすすめします。ちなみに、バイクだと1つのキャンプ区画を2人で共有することになります。

場所:群馬県吾妻郡草津町前原711番地

料金:入場料大人1,000円、子供350円、バイク500円(延泊の場合入場料のみ)

オートキャンプ3,800円

お問合せ:現地管理棟 TEL 0279-88-3149

期間:通年

チェックイン:13:00〜16:00 / チェックアウト:翌12:00

e-mail:

関連サイト:

ゴミ:100円(量による)

車両乗入れ:

お風呂:車で8分・2.5km草津温泉館(キャンプ場に割引券あり500円 10:30~18:00受付終了)

買い出し:近隣のスーパーは19:00まで

備考:16時以降到着の場合は先に連絡を。薪販売なし

直火、花火、カラオケ、発電機、サイト内乗入れ禁止。他の人に迷惑をかけない。

はちの巣より

無事、テントも組み立てることができたので記念撮影!

草津温泉キャンプツーリング・その2に続く

にほんブログ村 バイクブログへ
モトブログランキングに参加してます

最新情報をチェックしよう!