走ってみたい道路・その1

  • 2019年8月24日
  • 日記
  • 144View
  • 0件

9月も終わろうとしているのに、連日雨模様でツーリングに出れず残念ですね。そこで、今のうちに関東甲信越の走りたい道について下調べをしたいと思います。(´・ω・`)

ビーナスライン【長野県】


“ビーナスラインは、長野県茅野市から、同県上田市の美ヶ原高原美術館に至る全長約76 kmの観光道路である。長野県の茅野市街と美ヶ原高原をつなぐ、日本の代表的な観光山岳道路のひとつ。「ビーナスライン」の名は、沿道にある蓼科山の山容を女神に例えたことに由来するもので、蓼科有料道路と霧ヶ峰有料道路を併せてよぶ愛称として1968年に公募で決定し、無料開放後も継続して使用されている。”
※Wikipediaより

特徴

ビーナスラインは、距離も長いことから様々な景色があり、視界が大きく開けている直線パノラマエリア、ワインディングロード、つづら折りのヘアピンカーブがあります。
周辺には、霧ヶ峰、車山、蓼科山(たてしなやま)をはじめとする日本有数の山々に囲まれていることから、周囲の標高は高く四季を楽しむこともできそうです!非日常を味わうにはもってこいですよね。
ただし、一部区間は、冬季11月下旬から4月上旬まで閉鎖されますのでご注意を。

アクセス

練馬IC ━ (関越自動車道) ━ 藤岡JCT ━ (上信越自動車道) ━ 上田菅平IC or 東部湯の丸IC
八王子JCT ━ (中央自動車道) ━ 大槻JCT ━ 諏訪IC

※どちらも、約2時間
ルート確認はツーリングマップルをおススメです!

志賀草津道路(国道292号)【群馬県・長野県】


“国道292号(こくどう292ごう)は、群馬県吾妻郡長野原町から新潟県上越市に至る一般国道である。本国道は、群馬県長野原町の国道145号交点から草津温泉(草津町)や渋峠、志賀高原(長野県山ノ内町)を経由しながら北西方向に進み、新潟県上越市の国道18号交点までを結ぶ路線である。”
※Wikipediaより

特徴

群馬県と長野県の県境を跨ぎ、国道の中でも最も標高の高いところや、草津白根山(活火山)の湯釜(噴火湖)の付近を通ることができる珍しい道路です。以前、車で白根山の湯釜の近くを通ることがありましたが、確か樹木が少なくゴツゴツとした無骨な岩の山に通る独特な山岳道路だったように記憶しています。当時は車だったので何も感じませんでしたがバイクでなら爽快に走れそうなワインディングロードが続きます。活火山のそばを通る道であるが故、2018年9月29日現在、白根山の警戒レベル2(火口周辺規制)となり火口に近い区間約8.5kmが通行止めになっています。
草津温泉も経由するのでツーリングのついでに温泉によって疲れを癒すのもよいでしょう。日帰りでも可能だとは思いますが、できれば泊りで行きたいスポットです。

アクセス

練馬IC ━ (関越自動車道) ━ 藤岡JCT ━ 渋川伊香保IC

※約1時間強


にほんブログ村 バイクブログへ
モトブログランキングに参加してます

最新情報をチェックしよう!