マフラーを交換してみた

だんだん寒くなってきましたね。寒さを防ぐにはマフラーが効果的ですよね。
ということで、今回はNina250/2018に新しいマフラーを巻いてあげたいと思います(´・ω・`)

購入したマフラー

WR’S ダブルアールズ ステンレスカーボン ラウンドタイプ(BC4270JM)を購入しました。バイクのマフラーには8万円以上の高額な品が多い中、4万円強ほどとお手ごろな価格で購入することができます。また、ジョイントガスケットも不要なためお財布にやさしいです。

内容物

・サイレンサー

・その他付属物

使用した工具

ノーマルマフラーの取り外しや、WR’Sマフラーの取り付けには以下の工具を使用しました。

ノーマルマフラーの取り外し

まずは、サイレンサーを覆うヒートガード(銀色のやつ)を外します。
ヒートガードを外すには、根元にあるボルトと、側面についてある六角レンチボルトを外します。その後、ヒートガードを後方に引っ張るようにすると本体から抜くことができます。

次に、サイレンサーを支えるボルトを外します。その後、パイプとサイレンサーを固定しているボルトを外します。

以上の作業で、サイレンサーを取り外すことができました。

WR’Sマフラーの取り付けと比較

WR’Sマフラー取り付けの様子と、ノーマルマフラーとの比較を行いました。詳細は、動画を参照してください。
WR’S ダブルアールズ ステンレスカーボン ラウンドタイプ(BC4270JM) 【Ninja250/2018】

WR’Sマフラー取り付けの際、一点苦労したことがありそれは、サイレンサーとパイプを固定するスプリングが硬く、素手で引っ掛けることができませんでした…。そのため、ラジオペンチを使って引っ張りなんとかひっかけることに成功しました。力に自信のない方はラジオペンチなどスプリングを引っ張る器具を準備することをお勧めいたします。

外見も比較してみました。

・ノーマル

・WR’S

アイドル音からして低く大きな重音です。実際に走行した感想としては、まるで内から湧き出てくるような、h非常に力強い音が何とも心地よいです。ノーマルだと排気音よりもエンジン音のキュルキュルという音が大きいのですが、排気音が大きくなりバランスの良い音になりました。ついつい、アクセルを開けて回したくなります。

また余談ですが、駐輪場に向かう住宅街を走っていて気が付いたのですが、音が大きくなったため歩行者や自転車に気付いてもらえるのが早くなり安全面でもよかったかなと思ってます。非常にお買い得なマフラーを見つけることができ、大満足です!

最新情報をチェックしよう!