革製品のお手軽メンテナンス

  • 2020年7月25日
  • 2020年7月25日
  • 未分類
  • 17View
  • 0件

バイクに乗ると、革ジャン、革パン、革ツナギなど沢山の革製品を持つことになりますが、ブラシがけなど本格的にお手入れするのはなかなか大変ですよね。表面は、案外排気ガスなどで汚れていますし、また放っておくと高価な革製品がカビやひび割れでボロボロに。そこで、簡単なお手入れ方法をご紹介します。

準備するもの

必要なものは、以下の3つです。合わせて2,500円程で揃います。

まずはこれがなければ始まりません。サフィール(Saphir)のユニバーサルレザーローションです。これ一本で、汚れ落とし、保革、つや出しができます。柔らかい布にローションをとり、汚れをふき取るように塗るだけです。

ただし、スエードやヌバック等の起毛革には使用できません。

ローションを塗るタオルはやわらかいものを選びましょう。汚れがわかるように黒っぽくないものがいいかと思います。100円均一で揃えてもいいかと思います。

最後に、防水スプレーです。防水スプレーをかけることで、ツーリング中の突然雨を弾いたり汚れをつきにくくする効果が期待できます。

防水スプレーには、シリコン系とフッ素系がありますが、必ずフッ素系を買いましょう。

シリコン系は、水がしみるのを防ぐため、表面に被膜を作ることで防水力を高めます。しかし、通気性が悪くなるため革が痛みます。また、カビの原因のもなります。

フッ素系は、シリコン系と比べて樹脂が細かく、革の繊維に浸透させることで撥水させます。

実際に使ってみる

まずは作業しやすいように吊るか、置くかします。

やわらかいタオルにレザーローションを適量付けます。

一気に塗るとムラになりやすいので部分ごと小分けにして塗ります。

タオルが黒く…

側面や内側、ポケット、わきの下も忘れず塗りましょう。革パンの場合は、ベルトループ(ベルトを通す輪っか)や股の部分も塗りましょう。

あとは、塗ったローションが乾くまで待ちます。

屋外に持ち出して、防水スプレーをムラにならないようしっとりする程度に吹きかけます。液が垂れるのはかけすぎです。

あとは、乾くのを待って終わりです。

最後に

サフィール(Saphir)のユニバーサルレザーローションを使えば、ブラシも使わずお手軽簡単にお手入れができます。皆様も試してみてはいかがでしょう。

最新情報をチェックしよう!